Home > スポンサー広告 > カーデュラ探偵社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://bluemonday24.blog109.fc2.com/tb.php/31-5f031240
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ここ・と・よそ

Home > スポンサー広告 > カーデュラ探偵社

Home > 読書 > カーデュラ探偵社

カーデュラ探偵社

  • Posted by: おてもと
  • 2011-07-09 Sat 23:21:40
  • 読書
めて読みます、ジャック・リッチー。
『クライム・マシン』も読みたいけど、以前から気になっていたこちらを買いました。
カーデュラ探偵社 (河出文庫)カーデュラ探偵社 (河出文庫)
(2010/09/03)
ジャック・リッチー
原題「The Cardula Detective Agency」
収録作は次の通り。
探偵カーデュラモノ8編と、その他短編が5編。

『キッド・カーデュラ』 Kid Cardula
『カーデュラ探偵社』 The Cardula Detective Agency
『カーデュラ救助に行く』 Cardula to the Rescue
『カーデュラと盗癖者』 Cardula and the Kleptomaniac
『カーデュラの逆襲』 Cardula's Revenge
『カーデュラ野球場へ行く』 The Return of Cardula
『カーデュラと鍵のかかった部屋』 Cardula and the Locked Room
『カーデュラと昨日消えた男』 Cardula and the Briefcase
『無痛抜歯法』 Painless Extraction
『いい殺し屋を雇うなら』 When Buying a Fine Murder
『くずかご』 The Wastebasket
『さかさまの世界』 Upsode Down World
『トニーのために歌おう』 Sing a Song for Tony

探偵カーデュラは黒ずくめ、力持ちで頭脳明晰。
元伯爵という経歴で、血液学に通じ、銃で撃たれてもへっちゃら(!)。
しかしそんな彼も完全無欠ではなく、どうにもならない弱点がいくつかあるのです。
夜間限定で古今東西飛び回り、奇妙な事件を解決します。
頑張れカーデュラ!

とにかく、短編の名手リッチー。
無駄を感じない、鋭いスタイリッシュさ。
それでいてユーモア満載。
素晴らしい。
ウエストレイク好きな方にも是非(どちらもクライムストーリーが得意ですよね)。

カーデュラモノ以外のノンシリーズ短編も楽しめます。
特に面白かったのは、
『無痛抜歯法』
『いい殺し屋を雇うなら』
『さかさまの世界』
『トニーのために歌おう』
おお、ほぼ全てじゃないか。

さて、もうお気付きでしょう。
探偵カーデュラの名は、とある有名な人物のアナグラムになっています。

“カーデュラ”
“Cardula”

――アグネスは同情をこめてうなずいた。「じゃあ太陽灯を使ったら?」
「怖くてとても手を出す気にはなれません。太陽灯の光も太陽光とまったく同じ性質かもしれませんからね。スイッチを入れて、もし……」私はため息をついた。
「気軽に試すわけにはいかないのです。ひとつ間違えば命取りですから」
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bluemonday24.blog109.fc2.com/tb.php/31-5f031240
Listed below are links to weblogs that reference
カーデュラ探偵社 from ここ・と・よそ

Home > 読書 > カーデュラ探偵社

読書メーター
おてもとさんの読書メーター おてもとの今読んでる本
Booklog

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。